プロバイオティクスとは

プロバイオティクス(probiotics)は抗生物質(antibiotics)に対比される言葉で、共生を意味するプロバイオシス(probiosis;pro 共に、~のために、biosis 生きる)を語源としています。
プロバイオティクスは、健康上有益であると考えられる生きた微生物で、日本では、乳酸菌の名称で親しまれ、身近に販売されています。主な製品にヨーグルトや飲料水、栄養補助食品、またスキンケアー(乳酸菌培養液)製品などがあります。

 

プロバイオティクスの働き

人の腸内には、善玉菌や悪玉菌など、約500種類、100兆個の細菌が存在します。 腸内の悪玉菌が優勢の場合には、免疫力が低下、風邪をひきやすくなったり、ひどくなると成人病を引き起こすこともあり、また花粉症などのアレルギーも悪玉菌が引き金になることもあります。 乳酸菌は同じ種であっても、それぞれの株によって特徴が異なります。例えばある特定の乳酸桿菌属(Lactobacillus)がある疾患の予防に効果があるとしても、他の乳酸桿菌属も同じ効果があるとは限りません。また、ビフィドバクテリウム属 (Bifidobacterium)に同じ効果があるものがあるとも限りません。
菌やその他の微生物はよく有害な「細菌」と考えられていますが、多くの微生物は私たちの身体の機能が適切に働くのを助ける働きをしています。 例えば通常腸内にいる細菌は、食べ物を消化し病原菌を殺菌しビタミンを生成するのを助けます。非常に多くの微生物が私たちの身体に生息しています。

 

腸内環境について

大腸には“善玉菌”と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌、そしてその一方で"悪玉菌"が存在し、悪玉菌が増えると腸の老化が進んでしまいます。
乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を酸性にし、酸性環境の苦手な悪玉菌を減らしてくれます。 また、善玉菌にも悪玉菌にも属さない、菌を日和見菌といいます。全体の数としたら、むしろどっちつかずのこの菌の方が大多数であり、バクテロイデスやユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌、クロストリジウムなどの嫌気性細菌がこれに該当します。悪玉菌が繁殖すると悪玉菌になびき、減ると大人しくなる傾向が強いため、こう呼ばれます。腸内環境は日々変わります、その為にも善玉菌と言われる乳酸菌を日々摂取し腸に定着して善玉菌を増やしながら安定させる事が大切です。

 

腸内フローラについて

腸内フローラのバランスは、体調・食生活・年齢・ストレス・薬(抗生物質など)の服用といった、様々な要因によって日々変化します。
善玉菌(乳酸菌)を継続的に取り入れ、腸内環境のバランスを整えることが大切です。また、腸は、脳の次に多い神経細胞を持った「第2の脳」と言われており脳からの指令なしに独立した多種多様の働きをする臓器です。 食物の成分に合わせて種々の腸管センサーが反応し消化管ホルモンを出して、栄養分の消化吸収を行います。 腸の粘膜や腸内細菌は食物の中の外敵(細菌など)の侵入を防ぐバリアーと外敵の排除などの働きをします。 腸内フローラ・腸内環境の変化はおなかだけでなく体全体の状態にも大きく関わってくる場合があります。

 
プロバイオヘルスジャパン株式会社
弊社は、米国でも最大級の規模を誇る自社工場を持ち、
GMPをはじめとする国際基準の食品安全認証を取得しています。
食の「安全」と「高品質」を追求し、これまで培ってきたノウハウにより確かなクオリティを実現しました。