乳酸菌生産物質とは

乳酸菌生産物質とは、善玉菌である乳酸菌が増殖するときに生産するバクテリオシン(天然の抗菌物質)、免疫活性物等を有効成分とした乳酸菌副産物質です。乳酸菌生産物質は乳酸菌の種類により栄養素も変化します。

乳酸菌生産物質と人の体の関わり

人の腸内で善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌などが作りだしている物質を一般的に乳酸菌生産物質と呼んでいます。乳酸菌生産物質は、腸壁から吸収され、血液に乗って各種臓器や細胞まで届けられ、生命活動のエネルギーとなります。酒、味噌、醤油などは、カビ、麹菌、酵母などの働きで醗酵し、チーズはカビです。乳酸菌や納豆は、細菌(バクテリア)の働きによる醗酵します。乳酸菌生産物質とは、乳酸菌などの細菌(バクテリア)がはたらくときに分泌される成分で、本来ならば腸内で善玉菌が代謝してつくる物質で、善玉菌(プロバイオティクス)と善玉菌のエサ(プレバイオティクス)を健康補助食品で補う事が一般的でしたが現代化学の進歩により、人の腸内で起こっている環境と同じ事を乳酸菌を培養する際に特殊な製法で抽出した物質です。

大切なのは菌が作り出す成分

豊富な栄養素が多く含まれている乳酸菌生産物質は、直接腸壁から吸収され多種な働きを体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたりする可能性がある事が研究で報告されています。

乳酸菌生産物質が出す生成物に栄養があるという事がわかったのは、現代化学の進歩によるものです。

          
                   
  • コレステロールを低下する力
  • 血圧降下作用
  • 整腸作用する力
  • 疾病予防・回復・老化制御する力
  • 免疫を強化する力
プロバイオヘルスジャパンは、米国で20年以上の歴史を持つプロバイオヘルスの子会社
世界でも数少ない乳酸菌の培養、分離、乾燥まで一貫製造できる自社工場を持ち
GMPをはじめとする国際基準の食品安全認証を取得しています。
食の「安全」と「高品質」を追求し、これまで培ってきたノウハウにより確かな製造クオリティを実現しました。