プロバイオティクスとは

プロバイオティクス(probiotics)は抗生物質(antibiotics)に対比される言葉で、共生を意味するプロバイオシス(probiosis;pro 共に、~のために、biosis 生きる)を語源としています。
微生物の1つである、プロバイオティクスは、古くから人間の体内で生き続け、人間の生物学を形作るように働いた事により、人間は生命を受け継ぐ事ができています。また、古くから人々に愛され続けている、ヨーグルトや漬物のような発酵食品は、失われた私たち先祖の知恵であり腸を健康に保つ代表的な食品の1つでもあります。

プロバイオティクスは、現代生活で失われた腸内フローラの回復を助けるが証明されています。

  • 食べ物を分解する力
  • 異なる性質を体内に同化する力
  • 感染症からの守る力
  • 脂肪燃焼を後押しする力
  • 体のシステムと機能を強化する力
  • 有害な病原菌を排出する抗菌物質の分泌を促する力

プロバイオティクスの働き

人の腸内には、善玉菌や悪玉菌など、約500種類、100兆個の細菌が存在します。 腸内の悪玉菌が優勢の場合には、免疫力が低下、風邪をひきやすくなったり、ひどくなると成人病を引き起こすこともあり、また花粉症などのアレルギーも悪玉菌が引き金になることもあります。 乳酸菌は同じ種であっても、それぞれの株によって特徴が異なります。例えばある特定の乳酸桿菌属(Lactobacillus)がある疾患の予防に効果があるとしても、他の乳酸桿菌属も同じ効果があるとは限りません。また、ビフィドバクテリウム属 (Bifidobacterium)に同じ効果があるものがあるとも限りません。

菌やその他の微生物はよく有害な「細菌」と考えられていますが、多くの微生物は私たちの身体の機能が適切に働くのを助ける働きをしています。 例えば通常腸内にいる細菌は、食べ物を消化し病原菌を殺菌しビタミンを生成するのを助けます。非常に多くの微生物が私たちの身体に生息しています。

プロバイオヘルスジャパンは、米国で20年以上の歴史を持つプロバイオヘルスの子会社
世界でも数少ない乳酸菌の培養、分離、乾燥まで一貫製造できる自社工場を持ち
GMPをはじめとする国際基準の食品安全認証を取得しています。
食の「安全」と「高品質」を追求し、これまで培ってきたノウハウにより確かな製造クオリティを実現しました。